戦術

草野球こそオープナー制(リリーフ投手の先発起用)を導入すべき理由

山賊野球

野球&ソフト未経験でしたが社会人になってから草野球チームの結成&運営をしています。チームの勝率は1割台とかなり低いものの、楽しみながら野球が上手くなるため日々精進しています。

こんにちは!山賊野球です!!

本日はMLBやNPBでも話題になっているオープナーという戦術について持論を語りたいと思います。

私が運営している草野球チームはオープナー制を採用していますので、その経験を踏まえて、

オープナー制のメリット・デメリット

オープナー制は草野球に適した戦術なのか

オープナー制が合うチーム・合わないチームとは

等について記事にしましたので是非参考にしてください!

 

オープナー制とは

オープナーは、勝ちパターンで起用されるリリーフ投手が先発登板し、1、2回の短いイニングを抑えた後に本来の先発投手に継投する戦術です。この戦術は、2018年のMLBでタンパベイ・レイズが採用したことで他のMLBチームにも広まり、NPBでも使用するチームが出てきています。

 

オープナー制のメリット

初回の上位打線相手に対して失点する確率を下げられる

下の図はNPB12球団のイニング別得点率です。

※得点率:1イニングの中で1点以上入る確率

 

統計でも分かるように初回に得点(失点)する確率が最も高いことが分かります。これは2つの理由があると推測します。

理由1:どのチームも1番からの上位打線に主軸の打者を並べる

理由2:先発投手はペース配分を考えて初回から全力では投げない

上記の理由があるため、通常は1イニング目が最も失点する確率が高く、その失点を防ぐために初回を全力で投げて上位打線を抑えられる投手をオープナーとして先発させることは理に適っているのではないでしょうか。

本来の先発投手は相手の下位打線から対戦することができる

オープナーの次に投げる本来の先発投手は、打力の落ちる下位打線から投げることができます。(仮に4・5番打者が相手だとしても、ランナーがいない状態になる)

また、当然打者は対戦を重ねるごとに球に慣れてくるので、本来の先発投手と上位打線の対戦を減らすことで被打率を低く抑える可能性が高くなります。

 

オープナー制のデメリット

勝ちパターンで使用できるリリーフが減る

オープナー制は本来リード時の7・8・9回に投げる「勝ちパターン」投手を初回に登板させることになるため、リリーフ投手を1枚消費した状態で終盤を迎えるというデメリットがあります。そういった意味でも、オープナー制はリリーフが豊富で先発投手が不足しているチームに適していると考えます。

評価が難しい

先発投手の場合は勝利数、リリーフ投手の場合はセーブやホールドポイント等の役割別の評価指標がありますが、オープナー制の場合、初回のみに登板した投手はそれらの評価指標が付きづらいため、投手としての評価が難しいと言われています。

オープナーが打ち込まれた場合に試合が決まってしまう

オープナー制はオープナーが序盤を完璧に抑える前提の戦術であるため、オープナーが打ち込まれてしまった場合は戦術の意味が全く無くなってしまいます。ただし、これはセットアッパーやクローザーといった勝ちパターンでも同様のことが言えると思います。

 

私のチームでオープナー制を導入した理由

私のチームの投手陣

理由を説明する前に、まず私のチームの投手陣を下の表で紹介します。

ドラゴンさんが最も安定しておりエースなのですが、初回に失点してしまうケースが多いという問題がありました。また、少し相手のレベルが上がると打たれやすくなるため、そういうときは変則派のソルトさんを起用するなどしていました。

フレディーさんは野球未経験者ですがバレー部出身で地肩が強く、投げる球もクセ球的なものがあり、チームの奪三振王でした。

フレディーさんのオープナー起用

フレディーさんは三振が取れる投手なのですが、回跨ぎをすると失点率が上がる印象があり、気になってデータをとってみたのが下の図です。

 

データからも明らかなように、回を跨ぐと打たれます。そこで、いっそのこと初回限定としてオープナー起用することにしてみました。

すると、まだ3試合しか試していないものの、内2試合は初回三者凡退とすばらしい結果を残してくれました。(ちなみに2試合とも延長戦で負けています笑)

これからもフレディーさんをオープナー起用し、色々と検証したいと思います。

 

草野球こそオープナーを導入すべき理由

草野球は7イニング制が多い

MLBやNPBは1試合9イニングですが、草野球は7イニング、もしくは時間制でそれより短いことが多いと思います。そうなると、オープナー制のデメリットである「リリーフ投手を1枚消費した状態で終盤を迎える」状況が少なく、より1イニングの重要性が増すため、オープナー制が有効であると考えます。

草野球は毎日試合をする訳ではない

MLBやNPBの場合はシーズンの中で多くの試合を行う必要があり、「敗戦処理」という役割があるように全ての試合を全力で戦っている訳ではありません。当然、試合数的に全ての試合にオープナーを適用することは現実的ではなく、ここ一番!という試合で使用している印象があります。

しかし、草野球の場合は強豪チームを除いては週1か週2の活動がほとんどであり、「敗戦処理」など存在せずに少ない試合を全て本気で(楽しんで)取り組んでいると思います。

そのため、草野球の少ない試合数だからこそ、「出し惜しみせず良い選手から起用していく」ことが重要ではないかと考えます。

 

オープナー制が合うチーム

①リリーフ陣の層が厚い場合

②先発の戦力が薄い場合

③短いイニング限定で好成績を残せる投手がいる場合

私のチームの場合は投手陣の成績が同じくらいで、なおかつ短いイニングに強い投手がいるためオープナー制が合っています。

 

オープナー制が合わないチーム

①リリーフ陣の層が薄い場合

②エースピッチャーの実力が抜きんでている場合

③先発完投型のピッチャーがいる場合

 

まとめ

チームの投手陣の成績が同程度で、短いイニングを全力で抑えられる投手がいる場合はオープナーが非常に有効だと考えます。

特に草野球はMLBやNPBよりもイニングや試合数が少ないため、「出し惜しみせず良い選手から起用していく」ことが大切です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

山賊野球

野球&ソフト未経験でしたが社会人になってから草野球チームの結成&運営をしています。チームの勝率は1割台とかなり低いものの、楽しみながら野球が上手くなるため日々精進しています。

-戦術

© 2022 田舎の弱小草野球チームブログ Powered by AFFINGER5